TYA-TYAさんの講演録

 2016年さいごのホロトロピック・ナイトサイエンスは「TYA-TYAさん(木村由紀さん)初の宇宙語講座」。2016年10月天外さん、口羽和尚さんと有志での「出雲、潜戸(クケド)の祈りの旅」の報告やヒーリングセッションでの体験談を伺いつつ、高次の光とバイブレーションを感じるひとときとなりました。(東京ウィメンズプラザ/2016年12月15日)

 

 

 

 

 



 木村由紀さん:体調不良をきっかけに気功に出会い、2006年からエネルギーワークを学び始める。ソマティック・エナジェティクス(身体のエネルギー学)創始者Dr.マイケル・マクブライド氏、サトルエネルギーとエネルギー心理学の専門家サンドラ・スウィートマン女史に師事。神経系とエネルギーフィールドを整えることで、思考を超える英知が働きだすことに喜びを感じている。解放、浄化、再接続、再誕生をうながすエネルギーワークを提供している。

―― 宇宙語を話せるようになったのは、慈愛の光とバイブレーションを感じるエネルギーワークを学んでいたときでした。神経系をクリアにするワークを受けていたとき、宇宙語を話し始めた友だちがいて、彼女が私の足にさわったとたん、私の口からも宇宙語があふれ出したのです。私は自分のセッションに宇宙語をとり入れることがありますが、私の宇宙語を聞いたクライアントさんご自身が、瞑想中に宇宙語を語りだすこともあります。
 宇宙語は音と情報が一音一音対応しているのではなく、情報とバイブレーションがいちどに下りてきて、それが音として表現される感覚です。情報が映像と一緒に下りてくるときと、バイブレーションだけくるときと、両方あります。
 宇宙語で情報をくれる方によると、私には八つのエリアの宇宙語が降りてくるそうです。おもしろかったのは、宇宙語で子どもたち一人ひとりに歌を歌ったとき、四人の子に三つの宇宙言語で歌が届いて、四人のうち三人が違うエリア出身だと気づいたことです。身内でも感覚が違うのは、出身の星が離れているからかもしれません。家庭平和と宇宙平和はつながっているのでしょうね。
 宇宙語がいつ降りてくるか私にもわかりません。宇宙語の雰囲気を知っていただくために、以前録音した音声を聞いていただきます。「出雲、潜戸への祈りの旅」に出かける前、天外さんの質問に宇宙語で答えたときの録音です。(「祈りの旅」は、大和朝廷による日本統一にあたり虐殺された先住民族を慰霊するため、天外さんが企画した祈りの旅で、2016年以降各地をめぐる予定)。
 このときは、まず映像で情報が降りてきたのですが、虐殺された出雲族の中に、島根の沖合に追い詰められた一団がいて、一緒にいたお姫さまもろとも殺されている情景が浮かびました。お姫さまは髪飾りのような金の冠をかぶり、白い着物を着ていて、「クナト」というお名前でした。

(宇宙語は書きとり不能のため、日本語訳概要のみ)
…… 出雲族の人たちはほりの深い顔立ちで原始的な暮らしをしていましたが、お姫さまは異質な存在で、ほりの浅い色白のお顔でした。お姫さまは布を織る技術をもっていて、草を編んでつくった布を帯にしていました。
 彼らがともに暮らしていたのには、複雑な事情がありました。お姫さまは人々を愛し、守ろうとしていたし、人々もお姫さまをたいせつにして、崇めていました。けれどみんな沖に追い詰められて殺されてしまったのです。
 お姫さまの魂は、これから祈りの旅で向かう潜戸の岩場に残っています。お姫さまが今いる場所は、あまりにも冷たくてさびしい場所ですし、彼女の魂には次に行く場所があります。祈りのときは、魂が岩に残っているのでむやみに座らないほうがよく、供養が終わった後に差し込む光は、祝福やお礼を意味する特別な波動の光なので、きちんと感じてみましょう。
 船で現地に向かうときは、船に手をかけようとする「黒い手」に気をつけること。そして帰るときに伸びてくる手は、聖なるものの手なので、邪険にしないこと。……

―― 実際、祈りの旅で現場に向かったときは、マイクロバスのバッテリーが上がったり、海が荒れて船が出港しなかったり、いろいろなトラブルがありました。宇宙語で伝えられていた「黒い手」のことだねと話しあいながら、どのような祈りができるか模索しました。
 ようやく現場について木立の中に分け入ると、少しスペースがあるところに光が差し込んできて、祈りの場所がわかりました。焚火をして旗を並べると、光がさして煙が回ってくなか、そこはとても美しく特別な時空になっていきました。
 最初におこなった天外さんのパイプセレモニーは、次元の扉を開く役割を果たしたようです。クナト姫の魂がツアー参加者のKさんに入ったために、Kさんは大変な悲しみと苦しみの声を上げました。絶望の中で表せなかった感情がわっと出てきたのです。じつは、前日のパイプセレモニーのときから、Kさんはクナト姫の絶望を引き受けて苦しんでいました。Kさんは祈りの日、「私は覚悟を決めました」という夢を見たそうです。
 私たちは般若心経を唱え、癒しの歌声を捧げて、クナト姫と虐殺された部族のために真剣に祈りました。クナト姫は、魂が壊れてしまう寸前くらいひどい状態でしたが、祈りによって、その悲しみや絶望はしだいに癒されていきました。このときの写真には、大きな光が写っています。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

―― クナト姫の魂はKさんの中で浄化を進め、再生のプロセスに入りました。するとこんどは、虐殺された人々の魂がKさんに入ってきたので、Kさんはふたたび苦しい声を上げ始めました。そのタイミングで、口羽和尚さんが施餓鬼供養をしてくださったのです。
 施餓鬼供養が始まると、たくさんの御魂がすごいスピードで天に上がっていき、Kさんはしだいに楽になっていきました。
 クナト姫は長い苦しみの中、彼女の対に当たる男性神アラハバキに迎えに来てほしいと願っていましたが、バイブレーションがあまりに落ちていて、会うことができずにいました。アラハバキの憑代となったRさんがKさんをハグしたとき、クナト姫はやっと「私のことをわかってくれる人が来た!」と感じて、楽になったようです。
 Yさんが憑代となって舞を踊るなか、クナト姫はアラハバキとともに天に上がって行きました。このとき空を見上げている天外さんを撮った写真がありますが、天外さんの指にはサファイヤのような大きな青い光が写っています。
 UFOのようなものも写真に撮れましたが、同じようなものは「北海道での祈り」の旅のときも写っています。宇宙人が見学に来たのかもしれません。

―― クナト姫の憑代となったKさんは、旅の一週間前に、白い大きな蛇が自分の中に入ってくる夢を見ています。白蛇は、もしかしたら龍かもしれません。
 出雲族は龍をトーテムにしていて、龍を感じながら自然と心を通わせる人々でした。出雲族は狩猟民族で、クナト姫は顔立ちから農耕民族と思われますが、巫女として大切にされていたようです。
 土地や海の浄化が進んだこと、そして偉大な英知をもった光の御魂が天に上がって、対となる魂とともに働けるようになったのは、ほんとうに素晴らしいことです。
 このことは、数日の祈りの旅という限られた時空だけでなく、そこに至るまでの長い祈りと、今後のその土地の働きと、すべての時空軸の中でおこなわれました。祈りの前になされたことも、この後の時空にも、すべてつながっているのです。
 セレモニーのあとで、参加者のみなさんで感じたことをシェアしました。Kさんによると、虐殺された人たちは姫様に「愛している」というメッセージを伝えていたといいます。クナト姫は涙を浮かべながら、ずっと自責の念にかられて苦しんでいたと語り、「自分を責めながら生きないで」と語ったそうです。

―― クナト姫についての情報の多くは、宇宙語で受けとりました。宇宙語を話すようになった最初のころ、いろいろ試しながら幸福感に包まれていたとき、サウンドヒーリングの先生に「あなたは『Don't Openの扉』を開けたわね」と指摘されたことがあります。
 宇宙の生のエネルギーはあまりにも高波動で体に負担をかけるから、ドアを閉めなさい、と教えられたのです。すると縦長の大きなドアが見えたので、私は言われた通り閉じようとしたのですが、宇宙人がはさまっていて閉じることができません。先生にそう伝えると「それはアルクトゥルス人だから助けてもらいなさい」とアドバイスされました。
 そこで彼に頼むと、無事にドアを閉めることができましたが、脳梁のあたりがとても痛いのです。こんなに負担がかかっていても気づかなかったのか、と驚きました。私たちが受けとる波動は、身体の波動域に対して高すぎても、低すぎても、身体にダメージを与えるようです。
 ちなみに、近年、発達障がいや学習障がいと診断されるお子さんが増えているのは、波動域の問題があるように思います。波動の高い宇宙の魂が地上の身体に入ったために、魂と身体の波動域が合わないケースでは、コミュニケーションや神経系に伝達の困難が生じることがあるのでしょう。そういった場合は、身体が受け入れられる波動域を広げて、魂が身体にしっかり入るようにサポートすることによって、困難は改善されていきます。

―― 身体は物質である前に、エネルギーと情報そのものでもあります。それぞれのレベルで不調和が起きたり、身体の波動域に対して異質なものが入りこんだりすると、さまざまな不具合が出てきます。
 第六感は特定の感覚器官をもたないので、人によってさまざまな感じ方があり、ビジョンタイプ、ヒアリングタイプ、触感覚タイプなどに分けられます。私はビジョンと触感覚で情報を受けとることが多いため、エネルギーワークをしていると、身体的に不調のある箇所は暗く見えます。いじめのトラウマやチックがあるお子さんは、脳の一部が暗く見えることも、セッションで何度か体験しました。
 暗い箇所は、光の活性度が低くなっています。手術や骨折をきっかけとして神経の信号伝達が途切れたケースでは、生体電気反応が落ちているので、エネルギーワークによって通電することにより、消えていた感覚が戻ったり、その部位を動かせるようになったりします。
 また、交通事故の後、外傷がないのに体調が戻らないときは、背骨の律動が乱れていることが多いです。椎骨一つ一つの律動をととのえて、背骨全体が調和して波打つようにすると、原因不明の不調がおさまることがあります。
 律動の乱れには、ノイズが入っているケースと、バズ(ノイズがよりひどくなったもの)が入っているケースがあります。ノイズには中和するバイブレーションを当てればいいのですが、バズは波動を照射しても消えないため、背骨の下または上から出すことになります。
 バズを下から出すときは、裸足で土を踏んで流すようにします。上から出すときは、頭頂部にあるクラウンチャクラから逃がしますが、チャクラの開き具合によってはスムーズにいかないので、下から逃がすのがお勧めです。
 なお、背骨の律動の乱れは、しばしば視神経や視床下部に影響します。腰痛を和らげるためバズを逃がしたところ、腰が楽になると同時に視界が明るくなったという人もいます。

―― 宇宙語を聞くだけで、体調に変化が現れることもあります。高い波動を受けることでデトックスが起きるのですが、その方法はさまざまで、げっぷが出続ける人もいます。高い波動によって浄化が進めば、直観が冴えたり、シンクロニシティが起きたり、ものごとを引き寄せやすくなったりするでしょう。
 エネルギーフィールドがきれいになると、心身の調和を保つことができます。人にはそれぞれ気質がありますが、それはもって生まれた個性であり、才能でもあります。
 たとえば、人の「気」を受けづらい人は、人前に出てもその影響を大きく受けずにすみます。その反対に、「気」を感じやすい人は、周囲にふりまわされやすい傾向はありますが、相手を深く理解することができます。
 どんな気質にもいい面も悪い面もあるので、まずは自分の気質を知って、才能のほうを伸ばしていき、自分を大切にする方法を知ることがたいせつです。
 エネルギーワークをすることによって、生きるのが楽になったという感想はよくいただきます。心の中の静けさの場所を知っていると、そこに戻りやすくなります。バイブレーションを感じながら瞑想する時間を、ぜひもってみてください。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now